新館

お勧めの旅!47都道府県別ガイド

石川県

PR 旅行前に予約が便利

推奨!こんな旅 

 
○味覚探求MEMO(美味しいものリスト)
○たびあるきひとりごと(筆者の雑感です)
47都道府県別ガイドトップに戻る

旅道楽ノススメトップ

47都道府県リンク 北海道道南道央 道東 道北   青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島 群馬 栃木 茨城 埼玉 千葉 東京 神奈川 

山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 静岡 愛知 岐阜 三重 滋賀 奈良 京都 大阪 兵庫 和歌山 岡山 広島 鳥取 島根 山口 

香川 徳島 高知 愛媛 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄    旅のご予約ならじゃらんネット。その理由とは?

 

お勧めピックアップ! 石川の旅

垂水の滝(珠洲市)ご案内はこちら

垂水の滝

推奨!こんな旅リストへ

プラン立案から交通手段、宿泊予約、旅先の移動手段、事前に調べておきたいことなどアドバイス

「いい旅をするための6つのStep」(旅道楽ノススメ新館のコンテンツに飛びます)

ご旅行の前にはお忘れなく 【じゃらん】 北陸のホテル・宿の予約 

 

 

推奨!こんな旅 石川


このページのトップに戻る
能登に伝わる御陣乗太鼓(輪島市)
海に落ちる豪快な滝(珠洲市)
能登半島の冬はズワイガニ(輪島市)
市民の台所・近江町市場へ(金沢市)

能登に伝わる御陣乗太鼓 輪島市

御陣乗太鼓の実演

 能登地方に伝わる郷土の伝統芸能・御陣乗太鼓(ごじんじょだいこ)。おどろおどろしい面をかぶった男たちが、一心不乱に太鼓を打ち鳴らす姿は見る者を圧倒させられます。

 その起源は上杉謙信の軍を陣太鼓を打ち鳴らしながら撃退したところから伝わっていると言われます。輪島市では週末などに太鼓の実演が行われ、観光客を楽しませてくれます。

輪島市 飛行機なら能登空港、鉄道なら和倉温泉駅からバスで

海に落ちる豪快な滝 珠洲市

このページのトップに戻る

垂水の滝

 能登半島の外浦、日本海に面した断崖絶壁から流れ落ちる垂水の滝です。奥能登の景勝地として知られています。

 海にダイレクトにそそいでいる滝はまさに圧巻そのもの。冬の季節風が強い時期には、風にあおられて滝の水が舞い上がるという光景も見られるそうです。

垂水の滝へのアクセス 輪島市街地から車で約20分。能登空港からは約30分ほどです。

ご旅行のご予約ならじゃらんネットがお勧めです。じゃらんネットがいいわけは?

能登半島の冬はズワイガニ 輪島市

輪島かにまつりの香箱ガニ

 北陸の冬を代表する味覚・ズワイガニ。輪島市のかにまつりのひと幕。写真のカニは子持ちの雌で地元で「香箱ガニ」と呼ばれている時期限定の美味しいカニです 。

市民の台所・近江町市場へ 金沢市

近江町市場の入り口

 金沢駅から10分くらいのところに金沢市民の台所、近江町市場があります。ここには北陸のあちこちから海の幸や山の幸が集まり、買い物客で大賑わいです。

 冬場になると天然ブリが店先に並び、市場内食堂ではブリが食べられます。また、おそらくここでしかお目にかかれない「フグの卵巣」なる珍味を売っている店もあり、そぞろ歩きの楽しい市場です。

近江町市場へのアクセス 北陸本線金沢駅から徒歩10分。

ご旅行の前にはお忘れなく 【じゃらん】 北陸のホテル・宿の予約 

PR 旅の前に宿泊予約をしておくのがお勧めです
 

このページのトップに戻る

味覚探訪MEMO 石川  


当地の美味しいものをリストアップしてみました

郷土料理やB級グルメの情報がいっぱい 「あの町この味」
天然ブリ(これは絶品。冬の北陸を代表する味覚) 甘エビ丼 コウバコ(ズワイガニの雌。卵を抱えてます)

金沢の地酒(天狗の舞など有名) 治部煮(じぶに) かぶら寿し(ブリをカブで挟み、麹で漬けたもの)

いしる(能登半島独特の調味料・魚醤)  フグの真子(猛毒のフグの卵巣を糠漬けにした珍味中の珍味)

★リンクのある味覚はミニコラム「あの町この味」で紹介しています(別ブラウザが開きます)
 

旅先に美味いものあり。美味いものには酒がよく合う。そんな酒場や肴などをご紹介

一人旅で一人酒
(旅道楽ノススメ新館のコンテンツに飛びます)

一人旅で一人酒 ご当地情報

酒と肴のオツな話 セイコガニ (コウバコ)

 オトクなグルメ情報ならホットペッパー!

  

PR 広い北海道を歩くならレンタカーです
 

このページのトップに戻る


たびあるき ひとりごと

 実はこの県のなかで、観光して歩いたのは金沢市だけである。したがって、ほかのところはまったく知らないし、県内にどんな場所があるかというのも、あまり定かではない。この地方を巡る旅のチャンスもあるだろうから、そのときには調べてみたい。

 そんななかでも、私が行きたい旅先として上位にランクしているのが、能登半島である。地理上での距離的にはそれほど遠くはないが、長野県から訪れるのはあちこち迂回を余儀なくされるため、時間的には結構遠い。そのせいか、なかなか日程の調整がつかずに旅行することができなかった。エリア的にも旅の空白地として残っている。能登半島には、本来なら厳しい冬の時期に行きたいところであるが、旅行条件がよくないのでやはり行くなら春、夏、秋ということになろう。

 金沢は、なかなか魅力あるまちである。加賀百万石の城下町という格式みたいなものを垣間見れるだけでなく、香林坊のような繁華街もあるし、近江町市場のようなグルメを楽しませてくれる場所もある。一日歩いても十分満足できるところだ。市内はかなり巡ったつもりではあるが、もう一度足を運びたいと思わせる町である。

★追記07年

 念願の能登半島への旅が実現した。レンタカーでほぼ半島を一回りしたのであるが、大自然の厳しさが迫り来るような場所が連続し、期待通り見所満載の地であった。晩秋の旅だったこともあり、ズワイガニ解禁直後という絶好の時期だったため、当地で12月いっぱいまでしか食べられないと言われる香箱ガニ(ズワイガニの雌)をいただいた。これもまた一度は食べてみたい北陸の味覚である。

  

このページのトップに戻る

★当サイトからのご注意
○このサイトの情報は私が旅をした当時のものであり、市町村名や内容など現在とは異なる場合がありますのでご了承ください
○写真、文章等の二次使用や他サイトへの無断使用はご遠慮ください
○ページ内にアフリエイトプラグラムによる広告を載せています。リンク先のご利用はご自身の判断にてお願いします