新館

お勧めの旅!47都道府県別ガイド

千葉県

PR 旅行前に予約が便利

推奨!こんな旅 

 
○味覚探求MEMO(美味しいものリスト)
○たびあるきひとりごと(筆者の雑感です)
47都道府県別ガイドトップに戻る

旅道楽ノススメトップ

47都道府県リンク 北海道道南道央 道東 道北   青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島 群馬 栃木 茨城 埼玉 千葉 東京 神奈川 

山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 静岡 愛知 岐阜 三重 滋賀 奈良 京都 大阪 兵庫 和歌山 岡山 広島 鳥取 島根 山口 

香川 徳島 高知 愛媛 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄    旅のご予約ならじゃらんネット。その理由とは?

 

お勧めピックアップ! 千葉の旅

江戸川河川敷(流山市)ご案内はこちら

流山市内の江戸川

推奨!こんな旅リストへ

プラン立案から交通手段、宿泊予約、旅先の移動手段、事前に調べておきたいことなどアドバイス

「いい旅をするための6つのStep」(旅道楽ノススメ新館のコンテンツに飛びます)

ご旅行の前にはお忘れなく【じゃらん】 東京/神奈川/千葉/埼玉のホテル・宿の予約 

 

 

推奨!こんな旅 千葉

このページのトップに戻る
関東東端のローカル線へ(銚子市)
江戸川眺めてのんびりと(流山市)
見渡す限りの太平洋(南房総市)

関東東端のローカル線へ 銚子市

銚子電鉄の終点・外川

 JRの銚子駅と同じホームから出発する銚子電鉄は、地方ローカル線のムードたっぷりの路線ですが、銚子市民の足として、また観光客の交通手段として重宝されています。

 終着手前の犬吠駅までは観光路線の雰囲気もあるのですが、終点の外川はいかにもうらぶれた地方ローカル線の終着駅で、駅前もひと昔前の路地がそのまま残ってます

江戸川眺めてのんびりと 流山市

このページのトップに戻る

流山市内の江戸川

 流山市内を流れる江戸川沿いは、東京都心から30分圏内にあるとは思えないほど、のどかな雰囲気に包まれ、野鳥のさえずりを聞くこともできます。

 川沿いにはジョギングロードも整備されていて、散策やサイクリングには最高。歴史に関心のある方なら、市内の新撰組関連史跡なんかもご覧いただけたらと思います。

流山へのアクセス JR常磐線馬橋駅から流山電鉄で終点流山まで。ローカル線ムードも楽しめます

ご旅行のご予約ならじゃらんネットがお勧めです。じゃらんネットがいいわけは?

見渡す限りの太平洋 南房総市

野島崎

 房総半島の先端にある野島崎灯台からの眺めです。この日は風が強く、太平洋の荒波が打ち付けているようすがよくわかります 。

 周辺には遊歩道が整備されており、ダイナミックな光景を散策することが出来ます。またホテルや飲食店なども数多い観光リゾートの地でもあります。

野島崎へのアクセス JR内房線の館山駅、千倉駅からそれぞれバスが出ています

PR 旅の前に宿泊予約をしておくのがお勧めです
 

このページのトップに戻る

 

味覚探訪MEMO 千葉  


当地の美味しいものをリストアップしてみました

郷土料理やB級グルメの情報がいっぱい 「あの町この味」
ぬれせんべい(醤油のまち・銚子ならではのお菓子) イワシのなめろう さんが焼き カサゴのから揚げ

どんぶりもつ煮(船橋市の大衆酒場でいただきました)

★リンクのある味覚はミニコラム「あの町この味」で紹介しています(別ブラウザが開きます)
 

旅先に美味いものあり。美味いものには酒がよく合う。そんな酒場や肴などをご紹介

一人旅で一人酒
(旅道楽ノススメ新館のコンテンツに飛びます)

一人旅で一人酒 ご当地情報

全国酒場探訪 船橋市「加賀屋」

東京酒場探訪(東京の飲み屋案内)

オトクなグルメ情報ならホットペッパー!

  

PR 広い北海道を歩くならレンタカーです
 

このページのトップに戻る


たびあるき ひとりごと

首都圏の県としては、もっとも旅情のわく地である。房総半島という海と自然の豊かな土地柄のせいもあろう。それと、千葉県には幼いときに正月家族旅行で何度か訪れてはいるが、そのときもわざわざ旅行に来た、という感じがすごく強かったので、その思いが旅情を書き立てているのであろう。

 まず、ターゲットにしたのが銚子である。ここは関東の東のはずれ、すなわちさいはてという名にふさわしい地である。とくに、銚子電鉄の終点・外川は、ここが首都圏なのかと思わせるような見事なまでのローカル色。観光という雰囲気もまったく見せない、小さな漁村だったことが強く印象に残っている。

 房総半島の南部は、ようやく03年の2月に館山、千倉、鴨川と巡ることができた。首都圏の観光地らしく、あか抜けた感じはするが、それでも太平洋の大海原というのは、広くてすがすがしい。鴨川から先の外房の観光はまだ残しているので、いずれは安房小湊、勝浦、御宿といったところも訪れることになるだろう。また、久留里線をはじめとした内陸のローカル線も魅力たっぷりである。

★14年

 13年5月の大相撲夏場所観戦に合わせて、千葉県内にも足を踏み入れた。東日本で温泉に訪れたことがなかった県だったので、船橋市の法典の湯につかり、さらに大学時代の後輩と30年ぶりに再会し、船橋市内の大衆酒場で飲んだ。旅と言うにはあまりにもささやかだが、それでも私のこだわり5つのうちの「温泉」「飲食(酒)」が入っていた(笑)。

  

このページのトップに戻る

★当サイトからのご注意
○このサイトの情報は私が旅をした当時のものであり、市町村名や内容など現在とは異なる場合がありますのでご了承ください
○写真、文章等の二次使用や他サイトへの無断使用はご遠慮ください
○ページ内にアフリエイトプラグラムによる広告を載せています。リンク先のご利用はご自身の判断にてお願いします