新館

お勧めの旅!47都道府県別ガイド

高知県

PR 旅行前に予約が便利

推奨!こんな旅 

 
○味覚探求MEMO(美味しいものリスト)
○たびあるきひとりごと(筆者の雑感です)
47都道府県別ガイドトップに戻る

旅道楽ノススメトップ

47都道府県リンク 北海道道南道央 道東 道北   青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島 群馬 栃木 茨城 埼玉 千葉 東京 神奈川 

山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 静岡 愛知 岐阜 三重 滋賀 奈良 京都 大阪 兵庫 和歌山 岡山 広島 鳥取 島根 山口 

香川 徳島 高知 愛媛 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄    旅のご予約ならじゃらんネット。その理由とは?

 

お勧めピックアップ! 高知の旅

岩崎弥太郎生家(安芸市)ご案内はこちら

安芸市郊外にある岩崎弥太郎生家

推奨!こんな旅リストへ

プラン立案から交通手段、宿泊予約、旅先の移動手段、事前に調べておきたいことなどアドバイス

「いい旅をするための6つのStep」(旅道楽ノススメ新館のコンテンツに飛びます)

【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた人気宿ランキング

 

 

推奨!こんな旅 高知



このページのトップに戻る
乗って楽しい見て楽しい鉄道(ごめんなはり線)
田園にそびえ立つ三菱の紋(安芸市)
坂本龍馬が見下ろす桂浜(高知市)
黒潮が押し寄せる二大岬へ(足摺岬と室戸岬)
高知市内の散策に便利です(土佐電鉄)

乗って楽しい見て楽しい鉄道

ごめんなはり線のキャラクター

 四国で最近開通したばっかりのローカル線・ごめんなはり線は、高知県東部を走っています。赤字線廃止の全国的な荒波にも負けず、よくぞ開業に踏み切ったことに敬意を表したい思いです。

 高知県出身でアンパンマンの作者のやなせたかしさんが描いたキャラクターが、車両や駅のイメージキャラクターになっており、それらを見て巡るだけでもとっても楽しくなるローカル線です。

ごめんなはり線 正式には土佐くろしお鉄道御免奈半利線。JR土讃線の御免駅から室戸方面の奈半利駅まで結ぶ。

田園にそびえ立つ三菱の紋

このページのトップに戻る

安芸市郊外にある岩崎弥太郎生家

 幕末維新に数々の逸材を輩出した高知・土佐にあって、明治になってからその実力を発揮したのが、三菱の創始者である岩崎弥太郎です。彼の生家が安芸市の郊外にあります。

 後藤象二郎と関係が深く、坂本龍馬や中岡慎太郎ともかかわりがあった岩崎。生家の周辺は今ものどかな田園地帯ですが、ひときわ目立つ立派な蔵には象徴である三菱の家紋が付けられてます。

岩崎弥太郎生家へのアクセス ごめんなはり線安芸駅から車で15分

坂本龍馬が見下ろす桂浜

龍馬の目線で太平洋を眺めるぜよ

 高知市桂浜にある坂本龍馬像です。ふところに手を入れて遠くを眺めているようすは、見る人にいろいろな想像をさせてくれます。彼は太平洋の先になにを見ていたのでしょうか。

 龍馬生誕日(実は命日でもあります)がある11月には「龍馬まつり」が開かれ、像の横に特設のやぐらが設けられます。写真の位置で眺められるのはこの時だけのチャンスです。

桂浜へのアクセス 高知市街地のはりまや橋からバスで30分くらいです

黒潮が押し寄せる二大岬へ

足摺岬
足摺岬(写真上)と室戸岬(写真下)
室戸岬

 太平洋に面している高知県には、台風情報などでもおなじみの足摺岬、室戸岬という二大岬があります。県内の西と東の突端に位置しており、両方訪れるのはたいへんかもしれませんが、一見する価値は十分ある素晴らしい岬です。

 私の直観的な印象では、足摺岬は男性的な荒々しい岸壁が連なり、室戸岬は同じ磯浜でも女性的で水際に近付けます。ただ、険しい自然のなかにある岬であることは言うまでもありません。

足摺岬へのアクセス 土佐くろしお鉄道中村駅からバスで1時間40分かかります
室戸岬へのアクセス 土佐くろしお鉄道奈半利駅からバスで50分です

ご旅行のご予約ならじゃらんネットがお勧めです。じゃらんネットがいいわけは?

高知市内の散策に便利です

土佐電鉄のレトロ調車両

 高知市内を走る土佐電鉄です。いわゆる市電で、高知駅前からはりまや橋を中心に高知市内を縦、横へと結んでい るので、観光散策の足としてたいへん便利です。

 レトロ調や広告列車など、さまざまな車両を眺めるだけで楽しいですよ

高知で宿を予約する際の参考に【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた人気宿ランキング

PR 旅の前に宿泊予約をしておくのがお勧めです
 

このページのトップに戻る

味覚探訪MEMO 高知  


当地の美味しいものをリストアップしてみました

郷土料理やB級グルメの情報がいっぱい 「あの町この味」
ちゃんばら貝皿鉢料理(一人用を足摺岬の旅館で)  酒盗(カツオの内臓の塩辛。しょっぱい)

四万十川鰻蒲焼(これは絶品。もしかすると天然物か) ゴリ卵とじ 

アオサのりの天ぷら モクズガニ 冷やし飴(高知日曜市でどうぞ) 

田舎寿司(これも日曜市で。店によっていろいろなものがある) カツオ生ぶし

ウツボのたたき(他には例えようのない土佐ならではの味)  栗焼酎火振りダバダ

のれそれ(ウナギの稚魚と言われる珍味)  どろめ(これも珍味のひとつ)  ウルメイワシの一夜干し

高知の地酒(さすがは酒どころ) グレ(メジナ)のたたき 竜馬寿司(カツオのバッテラ風。オリジナル?)

ちゃんばら貝(食べ方にちょいと工夫がいる) 清水サバのたたき・刺身(とくに刺身は新鮮でないと食べられない) 

カツオの塩たたき(これぞ土佐流のたたき。竜馬屋という店の「炎のたたき」はびっくりさせられる)

★リンクのある味覚はミニコラム「あの町この味」で紹介しています(別ブラウザが開きます)
 

旅先に美味いものあり。美味いものには酒がよく合う。そんな酒場や肴などをご紹介

一人旅で一人酒
(旅道楽ノススメ新館のコンテンツに飛びます)

一人旅で一人酒 ご当地情報

全国酒場探訪 高知市「ひろめ市場」
全国酒場探訪 高知市「米米くらぶ」
酒と肴のオツな話 珍味・酒盗
酒仙もどきの面白秘話 いごっそうマスター

オトクなグルメ情報ならホットペッパー!

  

PR 広い北海道を歩くならレンタカーです
 

このページのトップに戻る


たびあるき ひとりごと

 この県は、郷土の生んだ偉人・坂本竜馬なしには語れない。最寄りの空港名も全国で唯一の人名が付いた「高知竜馬空港」と呼ばれているし、あちらこちらに竜馬ゆかりのグッズや看板などを目にすることができる。彼も訪れたであろう高知市郊外の桂浜には坂本竜馬記念館があり、竜馬が残した数多くの書簡を目にすることができ、竜馬ファンの目をくぎ付けにする。

 太平洋に面した県だけに、海岸線はダイナミックである。東端の室戸岬、南端の足摺岬はその雄大さの象徴ともいえる場所で、強風のメッカとしても有名だ。どちらかというと、断崖絶壁の岬である足摺は男性的、海岸線に磯浜が連なる室戸は女性的なのかもしれない。ただ、土佐の女性は「はちきん」と呼ばれる気風と威勢のよさがあることを付け加えておこう。

 西端の宿毛にはまだ足を伸ばしていないが、こちらも海の景観はなかなかのものと聞く。中村市に河口がある四万十川は日本最後の清流と呼ばれており、ここも含めて一度ゆっくり巡りたい。そして何より高知県は、北の秋田県とその名を二分する酒飲み王国だそうで、酒飲みが喜びそうな珍味がずらりと並ぶ。酒と肴を堪能するだけでも、高知県を訪れる価値があろうかというものである。

★追記10年

 高知県東部に久々の旅をし、岩崎弥太郎が生まれた安芸市、中岡慎太郎が生まれた北川村、さらには高知市のはずれにある武市瑞山の生家を訪ねた。

 中岡が生まれ育った北川村は内陸部にあり、かなり山深いところであるのには驚いた。高知県には太平洋という海のイメージが強いのだが、実は山々が海岸線に迫っている場所が結構多い。過疎という現実問題はあるかもしれないが、山紫水明の地であり、静けさに包まれた山間部の北川村には、まさに日本の山村の原風景を見た気がする。

  

このページのトップに戻る

★当サイトからのご注意
○このサイトの情報は私が旅をした当時のものであり、市町村名や内容など現在とは異なる場合がありますのでご了承ください
○写真、文章等の二次使用や他サイトへの無断使用はご遠慮ください
○ページ内にアフリエイトプラグラムによる広告を載せています。リンク先のご利用はご自身の判断にてお願いします