「旅道楽ノススメ」

 

 私がひとり旅のつど、まとめている「たび白書」は、次のようなまえがきから始まる。

「小さいころから時刻表と日本地図を見るのが好きな少年だった。
全国各地にあこがれを持っていた私が、30歳を過ぎてから、ひょんなことから
ひとり旅に出ることになった。
(中略)
それぞれの旅が、それぞれの思い出を作ってくれた。
異国の地を巡るのもいい。
だが、私は日本の美しさ、自然も伝統も歴史も、すべてを統括する日本の美。
これを追い続けたい。いつまでも、どこへでも 」

 かなりかっこいい?文章であるが、私のひとり旅の原点はここにある。

 

92年6月の気仙沼へのひとり旅以来、8年弱の歳月を経て、とうとう全都道府県へ
足を踏み入れることができた。00年2月の沖縄へのひとり旅は、そういう意味でも
まさに節目の旅行となったのである。

NEWS! 08年12月の沖縄八重山への旅にて全都道府県2巡目を達成しました
さらに、09年12月の福島・白河への旅で21世紀(2001年〜)の全国制覇達成!

「旅道楽ノススメ」